中古車買取で最高額で売る一番のポイントなんだろう

中古車買取で最高額で売る一番のポイントなんだろう

中古車買取で最高額で売る一番のポイントなんだろうと感じたことはありませんか。

 

同じ売却をするにしても大げさかもしれませんが1円でも高く買い取ってくれるとやはり嬉しいですよね。

 

最も高値を出してもらうポイントはディーラーに下取りに出さないという事。
ディーラーのメイン業務は車を売る事が本業であり車を買い取るのが本業ではない為、下取りに出して新車を購入すると下取りを高く提示出来ますとセールストークを聞いた事の有る方も多いでしょう。

 

しかし、実際はその後の中古車としての販売ルート等を考えるとやはり買取専門の業者へ買取をしてもらう方が高く査定額が付きます。

 

下取りと買取ではその差額が数十万円もの開きがある事も少なくありません。

 

一括査定で同時に数社から査定してもらう事で更に高額の値が付き結果、最高額で車を売却出来る事に繋がってくるのです。

 

そして、更なる最高額を引き出したい際には一括査定のサイトを増やしてみる事をお勧め致します。

 

例えば、A社の一括査定で10社の査定依頼を行うのでしたらA社一括査定で5社、B社一括査定で5社といったように分けて査定を行う事で高額査定を引き出せます。

 

一見ディラーは新車の購入と引き換えにとても頑張って高額査定を出してくれたように見えるかもしれませんがあくまでセールストークである事は買取い業者へ査定してもらった際に判明します。

車の中古車市場とはどんなものなのか

中古車市場とはどんなものなのか実はよく分からないと行った方も多いと思います。

 

日本で中古車として車が売れるようになったのが1970年代、ピークは1980年代だと言われています。
それまでは自家用車保有台率が少なかった為、需要も少なくあまり活気の有る業界ではありませんでした。

 

現在では新車で車を購入すると10年を目安に車を売却して得た資金を加算させて新車の購入資金とされる事が当たり前になりつつ有り中古車市場も活気付いています。

 

一般に中古車と聞くと所有された方が居て既に走行していた車をイメージしますが定義上は一度登録された車を中古車と呼びます。

 

登録はしたけれど一度も走行していない車であってもこの定義に従い中古車となります。

 

逆に走行していても車の登録をされていなかった車は中古車としての定義に当てはまらなず新車として扱われます。

 

この様に中古車市場では一般には分り難い部分も有りますが中古車の売買の際にしっかりと必要な事柄を把握している事で問題なく取引が行えると思います。

 

現在では車の買取を行い中古車を販売する一貫システムを独自で作り上げて専門として活気付いている業者も多く他国に比べて中古車市場の誠実な販売姿勢がユーザーから認められて益々需要の多くなる業界です。